【回顧】2021年・ユニコーンS~ラップ・血統・展開から徹底分析~

2021年ユニコーンステークスの回顧になります。ラップ・血統・展開などから分析していきます。

クラウマ
クラウマ

予想記事はこちら

【展望】2021年・ユニコーンS~ラップ・血統・展開から徹底予想~

結果

ユニコーンS
15:45発走 / ダ1600m (左) / 天候:曇 / 馬場:重

1着:1枠2番スマッシャー
2着:8枠15番サヴァ
3着:4枠7番ケイアイロベージ
4着:8枠16番ルーチェドーロ
5着:3枠6番クリーンスレイト

ラップ:12.1-10.6-11.3-11.9-12.1-11.8-12.2-12.4
トラックバイアス:重馬場で時計は速い状態。

特記事項:ピンクカメハメハが内ラチにぶつかった。これにより馬群も乱れ、また、動揺している馬も多数。

展開

ゲートの反応よく、芝を活かして逃げようとしたのが14.カレンロマチェンコ。それに抗うように二の脚でハナを叩いたのが10.プロバーティオになります。この2頭と一緒に先団を築いていたのが13.ピンクカメハメハ1.ゲンパチフォルツァになります。

外目の枠に固まっている理由は2つでしょうか。一つ目は外枠のほうが芝の距離が長いつくりというこt。二つ目はスタート直後に内枠がごちゃついたということです。

問題なのは二つ目。スタート直後に4.ラペルーズが内によれたことで煽りを受けた馬がいました。具体的には、5.イグナイター・6.クリーンスレイト・7.ケイアイベロージの3頭になります。合わせて、10.プロバーティオも内側にカットしていったため、5~9番の馬はスムーズさに欠いたスタートになりました。

この後、隊列が決まってからは淡々と進むかと思われましたが、10F棒手前(600m走る手前)でピンクカメハメハが内ラチに突撃。不幸中の幸いといいますか、他の馬に直接的な影響はありませんでした。が、間接的にレース結果には影響していたかもしれません。煽りを受けていたのは、11.ヴィゴーレ7.ケイアイロベージでしょうか。驚いた様子で外側に寄れていました。他にも、16.ルーチェドーロ4.ラペルーズに接触するなど、細かい影響はたくさんあります。

~直線~

直線良く伸びていた馬を矢印(→)
じり脚だった馬を波線矢印(↝)
脚が止まっていた馬を無印
点線は寄れた馬と被害馬

8.サンライズウルフ6.クリーンスレイトは外を回していたので、さほどでしたが、それより内側の馬には色々と起きていました。

まず、3.ラペルーズが直線終いから外側に斜行したことで12.ローウェル16.ルーチェドーロが被害を受けていまいた。この斜行で綺麗に進路ができたのは2.スマッシャー7.ケイアイベロージになります。

また、15.サヴァも内側に斜行し、1.ゲンパチフォルツァ・10.プロバーティオ・14.カレンロマチェンコの進路をカットしていました。とはいえ、この三頭は脚が止まっていたので大きな影響はないかもしれません。

また、進路取りという面では結果的に9.ブラックアーメットがよくわからないことしてました。外9からインに切り込み捌くのに時間がかかっていました。すぐ外に視界の開けたコースがあったのでそちらを選択してればもう少し着順は好転していたかもしれません。

 

不利まとめ

■スタート
ラペルーズ→イグナイター・ケイアイベロージ・クリーンスレイト
プロバーティオ→上記3頭+サンライズウルフ

■道中
ピンクカメハメハ→ヴィゴーレ・ケイアイベロージ
ルーチェドーロ→ラペルーズ

■直線
ラペルーズ→ローウェル・ルーチェドーロ
サヴァ→ゲンパチフォルツァ・プロバーティオ・カレンロマチェンコ

■大外ぶん回し
クリーンスレイト→道中外6~8・直線外12

ラップ

2021年:12.1-10.6-11.3-11.912.111.8-12.2-12.4
過去10:12.3-10.8-11.5-12.2-12.512.2-12.0-12.4
フェブラリーS:12.3-10.9-11.5-12.1-12.412.1-11.8-12.3
古馬OP:12.3-11.0-11.6-12.1-12.312.0-11.9-12.4
3歳OP:12.3-11.0-11.7-12.3-12.612.3-11.9-12.4

グラフを見ればわかる通り、中盤があまり緩まずにHペースのまま前半中盤を終えた形。その勢いで直線は持久力勝負の形になっていました。
今年の前半4F45.9秒はそこそこ速いラップで昨年のワイドファラオが45.8秒でした。ただし、昨年は45.8計測後に0.7秒減速された12.6秒へラップが落ちましたが、今年は0.2秒しか落ちず12.1秒になりました。

これに似たラップだったのは2005年のフェブラリーSでしょうか。メイショウボーラーが逃げ切った年になりますが、この年も前半4F45.8秒でそのあと0.4秒減速の12.0秒が計測されています。

■ユニコーンS(2021年・重)
ラップ:12.1-10.6-11.3-11.912.111.8-12.2-12.4
5F:前半58.0-後半60.4(-2.4)
3F:前半34.0-後半36.4(-2.4)
時計:1.34.4

■フェブラリーS(2005年・不良)
ラップ:12.3-10.8-11.1-11.612.011.9-12.3-12.7
5F:前半57.8-後半60.5(-2.7)
3F:前半34.2-後半36.9(-2.7)
時計:1.34.7

1着:メイショウボーラー(逃げ)
2着:シーキングダイヤ(先行)
3着:ヒシアトラス(差し)
4着:タイムパラドックス(追い込み)
5着:アドマイヤドン(後方)

5馬身の差をつけた大逃げが決まったメイショウボーラー。レコードでの勝利でした。ラップはというとグラフの通り、緩急が少なく後続が押し上げるタイミングがあまりありませんでした。とはいえ、前傾ラップである事には変わりないため、4角終いにある程度の位置が取れている馬は差してこれました。

したがって、これを踏まえて出走馬を整理すると次の通り。

上り3F地点差

■0.0~0.6
プロバーティオ・カレンロマチェンコ・サヴァ・ゲンパチフォルツァ・ローウェル(メイショウボーラー)
→先行して持久力勝負ができる馬

■0.7~1.0
ティアップリオン・ルーチェドーロスマッシャー
→差し届いてないといけないライン,先行なら脚上がってる馬

■1.1~1.3
ラペルーズ・ケイアイベロージ・ヴィゴーレ・ブラックアーメット(シーキングダイヤ・ヒシアトラス)
→差し届いていないといけないライン

■1.4~
クリーンスレイト・イグナイター・サンライズウルフ
→このレース質は追い込みで物理的に届かないため掲示板上出来

※掲示板まで赤ライン

クラウマ
クラウマ

もう少しわかりやすく分類しましょうか

ラップのみで評価

■妥当なレースをした馬
スマッシャー・ケイアイベロージ

■物足りなかった馬
ティアップリオン・ルーチェドーロ・ローウェル
→先の2頭は直線不利あるので相殺は可能

■しょうがなかった馬
クリーンスレイト・サンライズウルフ

■ほかのレース質で期待
プロバーティオ・カレンロマチェンコ・ゲンパチフォルツァ

他の馬は判断見送り

 
05年フェブラリーSの後もそうでしたが、このラップ質は一見すると短距離適性が高いようですが、少しばかし距離を延ばした時のほうが向いている可能性は高いと思われます。

血統

スマッシャー

父:マジェスティックウォリアー(エーピーインディ系)
母父:キングカメハメハ(キングマンボ系)
母母父:サンデーサイレンス(サンデー系)

勝ったスマッシャーは当週のキンカメバイアス(前週から継続)など血統のバイアスにドンピシャの馬でした。
キンカメ持ちの重馬場適性は高く、また、高速決着にも強いためそれもまた後押しだったと思います。

また、1~4着馬は全て母母父サンデーサイレンスだったのも特徴的です。

このレースにはもう一頭母母父サンデーサイレンスがおり、それが7着のティアップリオンです。ちなみに6着のサンライズウルフはキンカメ持ちになります。

 

■6月20日
キンカメ持ち→6/8頭が馬券

母母父サンデーサイレンス→8/12頭が馬券

■6月19日
キンカメ持ち→5/9頭が馬券
母母父サンデーサイレンス→4/7頭が馬券

 

出走馬

1着:スマッシャー

これで4戦連続の上り最速。前走1400mの距離延長組ではあったものの、ユニコーンSだけで考えれば阪神ダ1400mとデータに無いローテであり、盲点だった思います。

展開の恩恵(ラップ・直線開く)や、距離ロス無く走れたこともあったのでこの一戦での大きな評価は少し難しいです。血統的なバイアスにも後押しされていたため、人気を背負うであろう次が試金石になると思います。

その、"次"が何になるかははっきり決まっていませんがヒダカ・ブリーダーズ・ユニオンの発表によるとJDDが視野のようですね。正直なところ大井2000mが合うイメージは無いので買うかは難しいと思います。

JDD以外だと新潟1800mのレパードSですかね。こちらも大井と同じで急カーブの減速から2F戦になるので「んー、、、」といった感じ。緩急の大きいレースを経験していないので次の番組は陣営の腕次第と言ったところでしょうか。

今年出るかどうかは別として、中央ならばエルムS(夏)みやこS(秋)とかが面白そうかなとは思います。

2着:サヴァ

高い持久力を見せた馬になります。

道中は逃げたプロバーティオを2馬身程離して追走した先頭集団の一角。プロバーティオが前半4F(45.9)も前半5F(58.0)で逃げていたので、おそらくサヴァ自身は4F46.1~35F58.0(5F地点では並びかける勢いのため)と考えられます。

そんな道中をこなしながらラストは36.2秒と耐え抜いた形。

ラップの似ていたメイショウボーラー前半4F45.8前半5F57.80.2~0.3秒程度速いペースで走り、ラストは36.9です

不良馬場と重馬場の差はありましたがこの前半からの減速の少なさは高い持久力を見せつけたと言わざるをえません

成績は安定していませんでしたが、前走は中山1800mで前々走は4角でポジションを下げるなどが敗因だったとすれば、今後は逃げて押し切りの競馬で力が発揮できる可能性が高そうです

と、なるとこちらはレパードSで面白い存在になりそうです。

3着:ケイアイベロージ

スタートで不利を受け、道中も煽りを受けてロス。

ただし、ラップは向いていたのは間違いなく、正直まだ判断はしにくいです。

上り3F地点差から考えると届かないといけないラインにポジショニングしていたため、次走で今回の不利を鑑みて人気するようであれば積極的に手は伸びないと思います。

4着:ルーチェドーロ

直線の不利があったとはいえもう少し差を詰めていてほしかったですね。

鞍上の戸崎騎手は距離を敗因に挙げていますが、例年のラップであれば勝ち負けできていたような気もしますので、距離についての判断は見送りたいと思います。

個人的には距離延ばしたほうが良いと思うのでレパードSもJDDも出てくるならチャンスあるかと思います。

5着:クリーンスレイト

スタートは悪くなかったものの、ラペルーズが寄れてきて最後方からになりました。

道中外6~8で直線外12と距離ロスは大きかったと思います。とは言え、差し馬ですから直線にリズムを合わせるためにはしょうがなかった面も大きいでしょう。

また、例年馬群が密集するタイミングでも縦長だったなど展開面に恵まれなさすぎていた印象はあります。

05年メイショウボーラーの逃げで届かなかったタイムパラドックスはその後JBCクラシック(GⅠ)を2連覇、それ以前にはGⅢ4勝・GⅡ1勝・GⅠ2勝しています。

このレベルの馬と同水準の走りをしていたもで今後も期待していいと思います。

クラウマ
クラウマ

最後まで読んでいただきありがとうございました。