【展望】2021年・レパードS

みなさんこんにちは。クラベウマラバーです。
土曜はメインがピッタリでしたね。他にも午前中は馬連64倍やワイド19.7倍など!

久しぶりの重賞展望も頑張ります👍

レパードS

新潟11R:ダート1800m

◎14.スウィープザボード 12人気
〇15.メイショウムラクモ 1人気

単複 ◎
馬連・ワイド ◎〇

 

注目データ

1.母父SS系(0-0-1-30/31)
→父SS系は好走傾向に注意

2.4人気以下の継続騎乗(0-0-3-40/43)

3.前走右回り(0-0-1-40/41)

 

また、ラップからは前半36秒でラスト2F24秒台の推移が基本レンジです。後半5Fは12秒台を淡々と刻むので持続力が必要になります。ラスト3F38秒台-ラスト2F24秒台の消耗戦傾向が強いです。

◎14.スウィープザボード

前走は新潟と類似してコーナー減速から2F戦になりやすい中京ダートです。この前走中京ダ1800m組は(1-4-0-6/11)と連対率複勝率共に45.5%あります。13年インカーテーション1人気1着のように人気馬が走っているだけでなく、18年ヒラボクラターシュ10人気2着や17年サルサディオーネ12人気2着など、2桁人気の好走歴もあります。

クラウマ
クラウマ

やはり類似性の高さは原因だと思います

その前走に目を向ければタイムは平凡なものの、底々速いペースを追走し4角で外6をぶん回しという内容。稍重ではありましたがスピード馬場というよりかはパワー馬場でした。ラップやタイムに表れていない強さを見せつけていたレースだと思います。

2走前は例の岩田vs藤懸の一件があったレースですね。意味わからんHペースを終始大外ぶん回しでした。直線では先頭に立とうとするシーンもあり、追走力の高さが確認出しました。レース後のコメントでも外枠は良いとの話でしたね。ちなみに、このレースからブリンカー着用でレース内容も一変した感じですね。

3走前は出遅れてインで詰まって話にならない内容。それでいてコンマ4秒差は地力の高さを証明していたと思います。

詰まるとこ、この馬は「①持ち時計が無く②砂被りが苦手で③パワー馬場が得意」という特徴があると考えています。

消耗戦想定で外枠のパワー馬場の新潟。チャンスあるとみていいでしょう。

クラウマ
クラウマ

また注目データもクリアしています