7/10(土) クラウマの注目馬

みなさんこんにちは。クラベウマラバーです。

土曜はこの2鞍を狙ってみたいと思います。あと小倉10Rも気になりはするのですが、とりあえずはこの2つで。笑

自信度のお話

福島競馬場

9R C

◎5.ヴァンベールシチー
〇7.ショワドロワ
▲8.ブレーブユニコーン
△4.ワールドスケール

さて、少頭数のこのレースで4頭に印をつけるのはどうなんだというところでもありますが、人気薄中心の印のため良しということにします笑

予想の方向性としては単純明快に福島巧者を狙います。福島は平坦に小回りに見えてアップダウンもあり、意外とスタミナが要求されます。要するに、特殊なコースなんですよね。類似性のある所と言えば、函館・中山あたりが筆頭で、千直に限っては新潟も含まれますかね。

◎ヴァンベールシチー

4走前に転厩して再度条件探しの旅に出ている感じですかね。基本的には1勝クラスを突破したこの舞台があっていると思います。というか、そもそも福島競馬場が絶好条件と見ています。

福島2000m(1-0-1-3/5)
→着外の3回はどれも言い訳ができるレース。
福島1800m(0-0-0-1/1)
→斜行の煽り受け何もできず

少なくとも、福島ではパフォーマンスを上げてきます。絶対値としてどうなのかというのはありますが、人気している馬の強調材料もないので相対的にこの馬の期待値が上がると判断します。

一応、ラップ比較も。

ラップ比較

■2019.04.13・500万下
ラップ:12.2 – 11.1 – 11.2 – 12.6 – 12.7 – 12.3 – 11.6 – 12.1 – 12.0 – 12.1
前後半:34.5-36.2

2012.07.08・七夕賞
ラップ:12.3 – 11.2 – 12.0 – 12.3 – 12.5 – 12.4 – 11.8 – 12.0 – 12.2 – 12.4 
前後半:35.5-36/6

流石に重賞と比べると中盤が軽くなっていますが、これはあくまでも逃げ馬が刻んだペース。実際はL7~6あたりで2頭が捲り始め、後続もつられて押し上げ始めます。ヴァンベールシチーもそれに合わせており、中盤ももう少しはハードだったでしょう。

函館競馬場

9R C

◎9.サイドストリート
〇11.スイートアリエス
▲4.5

函館1000m結構特徴的。前半3Fで3.4m上って後半2F1.0mの下り坂です。直線はJRAトップの短さですが、3.4m上っているので高低差で言えば中山京都に次いで3番目です。(平坦小回りの印象強いですけど。)

こうなってくると、とにかくテンから前にガンガンいけて残りは惰性という競馬になります。札幌は意外と終いも要求されるので、安易にイコール関係で結ぶのは禁物です。また、小倉にも1000m戦がありますが前半3Fが下り坂なので単純なタイム比較は無意味です。

また、コーナーまでは距離があるため外枠が相対的に有利となります。内枠はごちゃつきますからね。外目の枠でスペース開けてトップスピードに乗るのが定石でしょう。

ということで、外枠かつテンからガンガン系を狙います。

◎サイドストリート

前走:ラスト1Fまでは先頭に立つも最後に差されてコンマ3秒差の6着。勝ったラフィンクロンヌは素質上位に加えて中山外枠の絶好枠。この日は直線追い風で差し馬の台頭も目立っていました。内容としては悪くないでしょう。

前々走:スタート直後に躓き、さらに隣の馬と大激突。二の脚で先団にとりつくも、大外ぶん回しの競馬でコンマ5秒差の4着。このレースの2着馬アサカディオネは2走後に現級を突破し、6着だったクーファピーカブーは先週2勝クラスを卒業しました。

と、近2走しか見解には載せていませんが、基本的にテンは速くレースレベルも高いところを経験しています。今回7枠を引けたのは幸運ですし本命にしたいと思います。

対抗にも前半から飛ばしていくスイートアリエス。斤量もありますしハナ叩けるかと思います。

馬券はこの2頭を中心に実力馬のミスズグランドオーとアルナージを追加します。

クラウマ
クラウマ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

クラウマ
クラウマ

買い目は教えて競馬民さんの方に記載してあります。