5/23(日) クラウマの注目馬

みなさんこんにちは。鍋底不況が到来しているクラベウマラバーです。

クラウマ
クラウマ

休むって言いながらブログ書いてるメンヘラ誰ですかね

注目馬

中京11R

◎11.メディクス
〇9.イメル
▲15.クインズヴィヴィ
△8.シャドウハンター
☆5.デンコウリジエール

土曜の中京ダートはとにかく高速決着。午前中から速い時計が計測され続け、メインレースでは1秒以上更新するレコード決着となりました。

と、いうことで今回の本命はそんな高速決着に向いているメディクスになります。

2勝クラス時代

2020.7.12 彦星賞(2勝クラス)ではダンシングプリンスに0.7秒差で負けたものの、自身も従来のレコードタイムで走破し、後続に0.7秒差つける好内容。

加えて、このレースは出遅れ癖が治り大きな転換を迎えたものでもありました。

クラウマ
クラウマ

僕も転換したいんですけど

次走は距離ロスがありながらサダムスキャット(現OP)と0.1秒差の2着と好内容だったかと思います。そしてその次の1戦で2勝クラスを突破。

3勝クラス時代

さて、ここまでの2勝クラスの内容からは申し分ない力があるようにうかがえます。が、昇級してからの5戦はいずれも敗戦しています。

5走前:スタートはスムーズにでたものの直後に態勢を崩す。ポジション争いには参加せず、むしろブレーキを掛けつつ後方のインを目指します。さすが藤岡康太。先行して覚醒した馬を潰しにかかる騎乗です。で、結局サダムスキャットに蓋されつつ何もできないまま敗退。

クラウマ
クラウマ

2着のサダムスキャットは先ほども述べましたが、コンマ1~2秒差の3.4着もOP入りしました

4走前:スタート直後にタックルされて驚きながら軽く暴走モード突入。終始外4の大外をぶん回します。掛かりながらの競馬としてはそこまで悪くなかった印象です。

3走前:道中は終始外3~4の大外を回し、直線は一瞬先頭に立つものの後続殺到。6着に敗れますが、1~5着は差し追い込み勢であり、先行した馬の中では最先着という結果です。

2走前:ミルコスタイルのスタートで知られる団野騎手を鞍上に配しても出遅れずに好発進。運悪く内隣りが絶対抵抗するマン斎藤新騎手だったためポジション取りが難しくなります。最終的には初角で譲る選択をしますが、ここでも運悪く外隣がカットしてきて首を振りながら減速。踏んだり蹴ったりのチグハグな内容でした。直線伸びそうで伸びずに終わったのは難しいですが外4を回しに回した結果とチグハグだったかと思われます。

前走:久しぶりの大出遅れ。馬柱上は「3-3」を通過し先行して言うようにも見えますが、向こう正面でがっつり捲っています。ラストで少し甘くなったのは溜めが効かなかったからと考えて問題なさそうです。0.4秒差の5着なら悪くない数字です。

昇級後は不遇なレースが続いていますが、高速決着には向いていると信じて本命に。正直、内枠だったらグリグリの本命だったのでこの枠は少し残念ですが。

 

クラウマ
クラウマ

ここから見解軽めでいきます

新潟5R

◎9.ウエスタンスパーダ 11人気
〇11.コスモノアゼット 1人気

調教大幅に良化。前走直線向かい風強風で相対的に走りにくかった。
コスモノアゼットは足溜められない競馬が続いているが手替わりで。

 

新潟9R

◎5.マサノアッレーグラ 8人気
〇1.ボマイェ 6人気
☆3.ユールファーナ 5人気

本日の江田。
前走は外差しの東京をインで4着。前々走は出遅れの論外。3走前は超Hペース先行0.4秒差。

天才に手替わりは確定演出か。

 

新潟10R

◎14.ケルンキングダム 8人気
〇6.ドリームインパクト 1人気

タフな差し競馬は歓迎。馬場状態も相対的に利がある。

 

新潟11R 韋駄天S

◎14.ロードエース 9人気
〇12.カッパツハッチ 3人気
▲13.ケイアイサクソニー 2人気

芝替わりに好走傾向の新潟千直。当概コースは平坦に見えて細かいアップダウンがあり福島と類似点が多い。4走前の福島ダ1150mでは時計の掛かるなかテン31.3から勝ち切ったのは好内容。

東京4R

◎3.レアンカルナシオン 3人気
〇11.マリノアズラ 4人気
☆6.トロワエスポワール 7人気

ストライド走法の中山→東京替わり。ブリンカー効果見込んで本命視。
人気の一角でも現状7倍つくのは面白い。

東京6R

◎4.サンズオブタイム 7人気
〇9.ゴールデンシロップ 3人気

前走後ろから×傷んだインを選択。2走前Hペース前受組。唯一の掲示板。リフレッシュ効果に期待。

 

オークス

クラウマ
クラウマ

最後まで読んでいただきありがとうございました!!