12/13(日) クラウマの注目馬

こんにちはクラウマです。日曜日の注目馬を挙げさせていただきます。穴馬狙いゆえ波があるのは受け入れないといけませんが、調子の悪さを挽回できるように頑張りたいと思います。

穴狙い

中山3R

◎15.シーオブクラウズ

きました2Fの距離短縮。前走は距離を伸ばしての東京ダートマイルでした。ハナをとったものの直線では失速し5着までといった内容。そもそもこのコースは距離延長で臨んだ馬が圧倒的に成績が悪いコースです。その時点で条件的に厳しいものはあったと思います。そして、もう一つの特徴としてはテンが速くなる事です。同じく東京で言えば1400mや1300mよりも早いことなんてザラにあります。そんなコースでハナを切ることが出来たわけで中山1200mで前に行くのは苦ではないでしょう。幸運にも外枠を引けました。芝は問題のですんなりと前にいってそのまま勝ち負けまで期待したいと思います。

中山9R

◎14.シャドウセッション
〇8.トランスナショナル
☆11.アコルドエール

ついにこの馬が中山1800mに帰って来ました。この馬はとにかく芝だと行き脚が使いないので、芝スタートになる東京ダートマイルは明らかな適性外だったと思います。未勝利を勝ち上がったのは芝ですが、末脚を活かす乗り方でした。ダートだとその乗り方は向いていないようで、やはり前目につけた競馬がしたいでしょう。

2走前の新潟1800mはダートSだったよ?
そうです。新潟ダート1800mはシャドウセッションが苦手とする芝SではなくダートSでした。ここまでの流れで行けば前目につけて競馬になっているはずですが、結果は13着と大敗しています。鯨飲として考えられるのは『①テン3Fがクラス水準を2秒近く上回る速さだったこと②ダートでは行き脚が良いので無理に追走してしまいペースが乱れたこと③-18㎏の馬体減り④去勢明け』の4点が挙げられると思います。馬にはだいぶ厳しかったようでこの後また放牧に行きます。
 
休み明けの前走では+28㎏と大幅に馬体重を戻しましたが、数字が戻っただけで馬体は締まっていなかったと思います。叩いた今回、トランスナショナルを筆頭に相手は強いですが通用すると思います。
 
 

阪神9R

◎14.ダンスディライト

クラウマ
クラウマ

穴馬になるかどうかは難しいラインですが…

大穴にはならないと思いますが、ヒートオンビートやディアマンミノルそしてベレヌスがいるためオッズの期待はできると信じています。

今の阪神の馬場的にも差しは届きますし狙えると思います。ベレヌスはスローのロンスパ戦が得意な馬で、その展開になった時に台頭してこれるのではないかと思います。

3勝しているコース適正はもちろん、福永騎手への乗り替わりも大きくプラスになると思います。