【コース解説】中山ダート1200mの狙い方

中山ダート1200ⅿの傾向をコース形態・ラップ・血統からアプローチして解説してあります。
当該コースでは唯一のダート1200m重賞のカペラステークス(GⅢ)が開催されます。

クラウマ
クラウマ

内枠決着で人間不信になる人がいるとかいないとか…

コース

※引用:JRA公式サイト

中山といったらダート1200m。下級条件で開催数が多いことと外枠が有利なことで有名ですね。それではなぜ外枠が有利になるのでしょうか?

芝スタートだから?
確かに芝スタートは大きな原因のひとつです。ダートよりも芝のほうがスピードに乗りやすいためハナを叩きやすいですから。しかし、これはあくまでも芝スタートが得意な馬のみに当てはまることです。内枠に絶対的なスピードのある馬がいたら恩恵を受けることは少ないでしょう。むしろ芝スタートのせいでダッシュがつかない馬も見受けられます。
 
ではなぜか。それは単純に身動きが取りやすいからだと考えています。下級戦の場合、内枠がごちゃつくことが良くあります。窮屈で身動きが取れずゴールイン。中山1200mに限らず短距離戦でよく散見されます。桜花賞ですらそういった傾向はありますから、下級条件にいるような競馬の得意でない馬が例外になるはずはありません。幸いにも中山ダート1200mの最初のコーナーまでの距離は約502mと長く、ポジションで後ろになりすぎることは少ないです。外の3列目。この位置はハナよりも番手よりも狙いたいと考えています。
 

したがって、内枠は窮屈になりやすいため、外枠替わりで一変する馬が多いです。もちろん、同じような考え方で、このコースを凡走した後に東京1400mなど広いコースに変わって一変することも十分にあり得ます。コース変更に触れるとすれば、エンジンの点火が遅いようなタイプはしっかりと折り合いに専念できる東京。スタートからガンガン飛ばしていけるタイプは中山で狙い目でしょう。

Point

・外枠が有利(芝スタート,包まれにくい,1角まで長いの3拍子)

・500m以上の距離短縮馬は意外にも好走傾向

・阪神や京都よりも逃げ馬に厳しい展開(関西の差し馬は好走傾向にある)

・12月後半~1月の開催は注意(冬場の凍結防止剤で極端にタイムの掛かるタフ馬場になることも)

ラップ

クラウマ

 

クラウマ

究極の底力が求められてますね

〘2歳〙
新馬:12.3-11.0-11.8-12.6-12.5-13.0
前半35.1-後半38.1 上り2F25.5 タイム1.13.4
未勝:11.9-10.7-11.6-12.4-12.6-13.3
前半34.3-後半38.3 上り2F25.9 タイム1.12.9
1勝:11.8-10.6-11.4-12.3-12.6-13.1 
前半33.8-後半38.0 上り2F25.7 タイム1.12.0

〘3歳〙
新馬:12.2-10.911.812.7-12.7-13.1 
前半35.1-後半38.5 上り2F25.8 タイム1.13.8
未勝:12.1-10.8-11.6-12.4-12.6-13.3 
前半34.5-後半38.2 上り2F25.8 タイム1.12.9
1 勝:12.0-10.7-11.5-12.2-12.3-13.1 
前半34.1-後半37.6 上り2F25.4 タイム1.11.9

〘古馬〙
1勝:12.0-10.7-11.5-12.2-12.3-13.0 
前半34.2-後半37.5 上り2F25.3 タイム1.11.8
2勝:12.0-10.6-11.4-12.1-12.2-13.0 
前半34.0-後半37.3 上り2F25.1 タイム1.11.2
3勝:11.9-10.6-11.2-11.9-12.1-12.9 
前半33.7-後半36.7 上り2F25.1 タイム1.10.8
OP:11.9-10.5-11.2-11.9-11.9-12.7 
前半33.7-後半36.6 上り2F24.6 タイム1.10.4

短距離戦の走破タイムは信頼していい。必ずチェックしておこう。

📝芝スタートから下り坂を駆け降りるため前半は非常に速いラップを踏むことになります。ラストは坂で必ず失速していくため、前目の馬なら行き切ることが重要。また、クラスが上がるにつれて差しが届くようになるのもラップから見て取れます。2勝クラス(500万下)までは道悪を除いて逃げ馬、それ以上は一気の脚を持っている馬が狙いやすい傾向です。特に2勝クラスと3勝クラスでここの見極めが穴馬券獲得の道しるべになるでしょう。

下級戦ではラストの坂を惰性で残していくことが多いため函館1000m。また、阪神1400mや中京1400mとの関連性が高いと考えています、

クラウマ

 

クラウマ

重賞のカペラSは差し馬が台頭しやすいですからね

Point

・テンの絶対的なスピードとラストの底力が問われる

・クラスが上がるにつれて差しが決まりやすい

・走破タイムは要チェック

・関連性が高いのは函館1000m・阪神1400m・中京1400m

種牡馬

クラウマ

 

クラウマ

アメリカ血統の中でもStormCat系は特に優秀です

1~5人気で注目

・アポロキングダム産駒
(8-7-3-11/29) 勝率27.6% 連対率51.7% 複勝率62.1%
単回率169% 複回率117%

・アイルハヴアナザー産駒
(13-3-2-14/32) 勝率40.6% 連対率 50.0% 複勝率56.3%
単回率241% 複回率132%

・ヨハネスブルク産駒
(21-12-11-41/85) 勝率24.7% 連対率38.8% 複勝率51.8%
単回率124% 複回率100%

・ヘニーヒューズ産駒
(17-6-8-42/73) 勝率23.3% 連対率31.5% 複勝率42.5%
単回率114% 複回率76%

・ゴールドアリュール産駒
(38-26-28-105/197) 勝率19.3% 連対率32.5% 複勝率46.7%
単回率103% 複回率88%

6人気以下で注目

・エスポワールシチー産駒
(2-2-3-20/27) 勝率7.4% 連対率14.8% 複勝率25.9%
単回率145% 複回率114%

・ヘニーヒューズ産駒
(5-5-6-68/84) 勝率6.0% 連対率11.9% 複勝率19.0%
単回率257% 複回率114%

📝ヘニーヒューズ産駒はどんな人気であってもバケモノじみた強さを誇っており、馬券にはとりあえず組み込んでおいて損はないかと思います。砂を被ることや窮屈な競馬を嫌いとする産駒も多いので、外枠替わりは必ず注目しておいたほうが良いでしょう。
 キンシャサノキセキ産駒は記載しませんでしたが、人気に推されるような馬は安定しています。しかし、6人気以下になるような馬は(2-7-12-162/190)と壊滅的な傾向であり、決定的な理由がない限りは軸にするのを控えたほうが良さそうです。同じような傾向はサウスヴィグラス産駒やパイロ産駒にも言えるので出走数が多いだけに知っておいて損はないでしょう。

まとめ

それでは最後に要点の整理です。詳しい内容は上記のほうを参考にしてもらえればと思います。

コースから

・外枠が有利(芝スタート,包まれにくい,1角まで長いの3拍子)

・500m以上の距離短縮馬は意外にも好走傾向

・阪神や京都よりも逃げ馬に厳しい展開(関西の差し馬は好走傾向にある)

・12月後半~1月の開催は注意(冬場の凍結防止剤で極端にタイムの掛かるタフ馬場になることも)

ラップから

・テンの絶対的なスピードとラストの底力が問われる

・クラスが上がるにつれて差しが決まりやすい

・走破タイムは要チェック

・関連性が高いのは函館1000m・阪神1400m・中京1400m

種牡馬から

[1~5人気]

・ヘニーヒューズ産駒
・アイルハヴアナザー産駒

・ヨハネスブルク産駒

・ゴールドアリュール産駒

[6人気以下]

・ヘニーヒューズ産駒

・エスポワールシチー産駒

いかがだったでしょうか?トリッキーといわれる中山競馬ですが少しでも力になれたら幸いです。

他のコース

砂:中山1200m 中山1800m

芝:中山1600m 中山1800m 中山2000m

クラウマ

 

クラウマ

最後までお読みいただきありがとうございました。

【紹介】
毎度のことですがウィリアムヒルの紹介です。控除率が5%なので知ってて損はないかと思います。下記リンクから登録してもらえれば最大1万円(初回ベット額)のフリーベットを獲得できるの是非!!