【回顧】2021年・エプソムC~ラップ・血統・展開~

2021年エプソムカップの回顧になります。ラップ・血統・展開などから分析していきます。

クラウマ
クラウマ

予想記事はこちらになります

【展望】2021年・エプソムC

結果

エプソムC  
東京芝1800m (左) / 天候:曇 / 馬場:良

1着:7枠15番 ザダル
2着:7枠13番 サトノフラッグ
3着:4枠7番 ファルコニア
4着:2枠3番 ヴェロックス
5着:8枠18番 アトミックフォース

ラップ:12.6-11.3-11.4-11.7-11.8-11.4-11.1-11.4-12.4

トラックバイアス:発走前に多少の雨は降ったが、芝表面が占める程度。先週よりも外差しが顕著になっていた。

展開

個人的な想定としてはセダブリランテスの逃げを想定していましたが、ハナを叩いたのはエアアルマス。続いてアトミックフォースセダブリランテス

セダブリランテスは逃げれなかったというかは譲った形。特に抵抗する素振りもなかったので行く気が無かったのでしょう。

短距離で好走してきていたミラアイトーンは痛恨の出遅れでした。予想の鍵を握っていたサトノフラッグは想定よりもやや後ろ側でしたが、荒れ馬場との境を走れていました。

馬群は団子状態で4角出口で横一線。直線の末脚とコース取りが勝敗を決めていました。

以下、道中と直線の進路取りです。

荒れ馬場

~道中~
・エアアルマス
・アトミックフォース
・ニシノデイジー
・セダブリランテス
・ファルコニア
・マイラプソディ
・ヴェロックス
・アルジャンナ

→イン1~3が荒れ馬場

~直線~
・ヴェロックス
・ヒュミドール
・マイラプソディ
・ファルコニア
・セダブリランテス
・エアアルマス

→イン1~4をあけて追い比べ。イン5~8がやや荒れており、上記はこのレーンを通った馬。特にヴェロックスは一番荒れたところで鋭く伸びていた。

クラウマ
クラウマ

前回みたいに画像のが良いなどありましたらコメントお願いします。

ラップ

2021年:12.6-11.3-11.4-11.7-11.811.4-11.1-11.4-12.4
勝ちタイム1:45.1 1000m通過58.8  中盤34.9 上り34.9

過去10:12.8-11.3-11.8-12.1-12.0-12.011.4-11.4-12.0 
勝ちタイム1:46.8 1000m通過60.0 中盤36.1 上り34.8

良馬場:12.8-11.211.712.011.9-11.911.3-11.4-11.9
勝ちタイム1:46.2 1000m通過59.6 中盤35.6 上り34.7

例年に比べると1000m通過は1秒近く速く東京1800mらしくない競馬でした。

ギアチェンジのポイントも例年の「ラスト4F→ラスト3F」ではなく、「ラスト5F→ラスト4F」と1ハロン速いタイミングです。これがどう影響するのかというと、レースのレベル判断に大きく影響します。

~東京1800mは評価しないという口癖~
理由は色々とあるのですが、最大の理由は「中弛み」のラップになりやすいからです。要するに、中盤の質が一切問われない3ハロン戦が中心ということ。では、3F戦が悪いのかというと、そういうわけではないです。その"3F戦に強い"というのは馬の個性ですから。しかし、レースの質という見方をすれば、能力(地力)の無いタイプであってもラスト3Fで何とか出来ることが多くなるという意味でもあります。競馬は基本的にクラスが上がるにつれて、中盤が締まったラップになります。この観点から、中弛みでしか好走できないようなタイプはGⅠで買いにくいという意味で東京1800mは評価していません。例えば、ウオッカも毎日王冠を取りこぼしていますが、これは中盤が緩くなり相対的に地力のあるタイプが走りにくくなったからと考えられます。

しかし、今年のエプソムカップを見てみるとどうやら例年と違った景色がそこにあります。緩くなるはずの中盤が比較的締まっており、また、ギアチェンジの箇所も1F速くラスト4Fからの末脚比べ。正直、東京1800mにしては異質なレースと言えます。

同条件の重賞に毎日王冠(GⅡ)がありますが、このレースも中盤は緩くなるのが基本です。例えばサリオスが勝った2020年は中盤が35.6。今回のエプソムカップは34.9秒ですからその差は0.7秒です。しかも開幕週と開催後半の差も考えればなおさらでしょう。
この毎日王冠を評価している人は多いですが、私としては中盤が緩くなっていたため力のあるタイプが相対的に走りにくいと判断しているレースでした。そして、このレースで5着に敗れていた馬が今回の勝ち馬ザダルです。完敗かと思われましたが、先ほども述べた通り、ウオッカを筆頭に中盤の質が高いレースを好む地力タイプは相対的に好走できなくなる傾向があります。

2021年安田記念のダノンキングリーは毎日王冠勝ち馬だよ?
クラウマ
クラウマ

ラスト3Fの勝負ではありましたが中盤34.6秒と質は高かった方だと思います。また、スロー上り勝負だったので比較的中弛みタイプが得意な傾向です。あれもまた異質なレースでしたね。

そういえばグランアグリアも中弛みを嫌うタイプだったな。
したがって、ザダルが2020年の毎日王冠で負けたのは稍重という馬場に加えて地力タイプだからと言えるでしょう。
また、4F戦になったことでコーナー加速が要求されました。コーナーは距離ロスが最も生まれるポイントになります。そのため、コーナーで外を回していた馬は勝負ラップを長い時間踏み続ける必要があり、内側を回した馬より評価する必要があります。
Point・中盤が締まり4F戦になった異質な東京1800m
・近年のエプソムCや毎日王冠より評価はできる

・外目を回した上位着順馬は高評価

血統

毎年のように好走するミスプロ系は種牡馬ベースだとアトミックフォース。そもそもミスプロ系の種牡馬を持つ馬はこの馬しかいないのでアレですが、大外枠から5着と健闘した形。

ザダルとファルコニアはSS系×ミスプロの好走血統。
ザダルはトーセンラー産駒に多い持続力を問われたレース質が追い風だった様子。

その他、大きな特徴があったかというとそうではなく例年通りといった血統化と思います。

馬分析

1着:ザダル

本命◎にした馬が1着🎯
予想配信した時は7番人気で15倍くらいついていたのですが蓋をあけたら3番人気の6.9倍。オッズ妙味は減ってしまいましたが狙いは悪くありませんでしたね。

道中は荒れ馬場と綺麗な馬場の境目を追走。綺麗な馬場という観点では最短コースを走っていました。

0.4秒のギアチェンジをした5F→4Fの地点では馬也で追走。東京でのコーナー加速は十分な資質を見せました。その後、自身は34.4秒の上りを使っており、前の馬が止まり始める中で差し切り勝ち。

このラップで走れるのであれば秋天はもちろんマイル路線でもG1にチャンスがありそうです。GⅡ・GⅢというよりかはGⅠの大舞台で大物食いをするタイプになるかもしれません。

2着:サトノフラッグ

対抗〇にした馬が2着🎯

当初の想定では中団先頭あたりのポジショニングをイメージしていましたが、結果的にはザダルの真後ろ。勝ち馬を前に置いた競馬でした。

もちろん通ったコースもザダルと同じで馬場の綺麗な道中です。直線捌けるのか不安な面もありましたが、戸崎騎手のエスコートで見事に2着。脚色はザダルと同じで1.2着の差はコース取りの差だけだったかと思います。

良馬場で中盤が厳しくなる競馬で好走できたということで、これからのG1戦線でも期待が持てそうです。逆に、毎日王冠とかに出てきた場合は評価を落としても。

3着:ファルコニア

基本的にスローの上り勝負で好走してきた馬で軽視していましたが成長を見せた格好です。

道中~直線と1.2着に比べて圧倒的に荒れたところを走っていました。ラスト1Fを過ぎたところで手前を変えてからもう一伸び。この時、ザダルとサトノフラッグはトップスピードに乗っていたので少し遅れましたかね。もう少し早く手前を変えられていたら結果も変わっていたかもしれません。

4着:ヴェロックス

こちらもファルコニアと同じく荒れ馬場を鋭く伸びてきたタイプ。

今回の様子だと中山に出走してきたときは面白いかもですね。

その他

13着プレシャスブルー

前々から評価している馬で枠次第では買う予定でした。前半は最後方を追走。ギアが変わったコーナー付近で大外を回しながら押し上げています。勝負ラップでの大外ぶん回しは、速い脚を長く無駄に使わされたことになるので他の馬に比べて厳しい内容だったでしょう。4角終いでも大外に振られており、13着に負けたものの自己条件では7歳馬とは言え侮れません。

同じような競馬をしていたのはシュリとガロアクリーク。こちらも見限れないです。

クラウマ
クラウマ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【紹介】
毎度のことですがウィリアムヒルの紹介です。控除率が5%なので知ってて損はないかと思います。下記リンクから登録してもらえれば最大1万円(初回ベット額)のフリーベットを獲得できるので是非!

【必見】ウィリアムヒルの魅力と始め方 【登録方法】