【7/14】函館・中京・福島の平場予想

   お久しぶりです。クラベウマラバーです。
直前のツイートだと乗れないから早めに教えてほしいなんて声をチラホラと聞くようになってきましたので、こちらのほうにあらかじめまとめておきます。

レースイメージ

 この副題だと「?」という方のが多いと思いますが、どんな意識でこの馬を選んだのかを知ってほしいという気持ちであえて付けます。各レースごとに振るのでもし疑問点などありましたらご連絡ください。

S☞勝負レース(本命穴馬問わず)
A☞穴馬から勝負度高め
B☞来たらいいなくらいの穴馬
C☞本命から勝負度高め
D☞とりあえず買うなら

人気に左右されているかといえば0ではないですが、基本的に本命馬との期待値を考えています。S評価になるのは夏競馬だとあまりないかもしれません。

土曜日の傾向確認

函館

芝 

※函館記念があるので少し丁寧に。

 芝の番組は6回。そのうち勝ち馬の半分は4枠と偏りを見せています、枠の問題というよりは位置取りが重要とみたほうが良いでしょう。今週からはBコース替わりで、インベタ~3頭分くらいの位置にいる必要は高そうです。
 血統的には母父は欧州型ノーザンダンサー系が好走しています。また、フジキセキ持ちの馬とマンカフェ産駒は人気に関係なく狙ってよさそうです。

函館1Rは勝ったニルカンテソーロのコース。インを強襲して一着です。3着は②ファートゥアですが、勝ち馬の通ったコースに進路をとってから伸びておりインは伸びやすいと判断していいでしょう。

函館7rは勝ち馬の⑤アルテヴェルトは直線で内によってから伸びがよくなりました。上りは最速で着差は1/2馬身。2着の馬は1番人気であり、多少の距離ロスを覚悟のうえで内の寄ったほうが良いという荻野騎手の好判断でしょう。

ダート

 基本的に先行有利は変わりません。SS系で絡んだのはダノンシャンティ産駒(フジキセキ持ち)とハービンジャー産駒だけ。母父はフジキセキ1回・サンデーサイレンス1回・ゴールドアリュール1回といった感じです。

中京

※長く書いてもあまり読まないと思うのでポイントだけ

番組は5回。内側の経済コースを通れた馬が好成績。逃げ先行型の脚質が中心で、血統は力のあるSS系がよさそう。

ダート

番組は7回。いつも通り内枠の先行馬が有利だが、2.3着のどちらかには差し馬が入り込むのが基本形です。「先→先↔差」といった三連単などは狙いやすいと言っていいでしょう。

福島

番組は8回(新馬2回)。ノーザンテーストやロベルト,サドラーと血統傾向がある程度はっきりとしていた。短距離や早い決着なるとダンチヒ系の内包が台頭。脚質はクラスが上がるにつれて差しが決まるといった感じ。中~外枠がよさそう。

ダート

連対馬はすべて逃げ先行馬で、差し馬や追い込み馬は3着。ネイティブダンサー系が好走。
あまり極端な傾向はなかった。

函館競馬

函館1R D

◎4.キラットダイヤ(4人気)

父:サウスヴィグラス
母父:ハーツクライ産駒

連闘ではあるがスタミナ量が豊富な馬で心配はしない。スピードを持続させる能力は抜群。馬を操作できる横山騎手への乗り変わりはプラス材料だろう。

◎4.キラットダイヤ
〇1.ハヤブサぺコムスメ
☆5.アポロライセン

◎単複
◎=〇☆馬連ワイド

函館3R A

◎1.シシリエンヌ(9人気)

父:キンシャサノキセキ
母父:パラダイスクリーク

1枠×逃げ馬×フジキセキ系×斎藤

条件がそろったのでここは穴馬から勝負です

◎1.シシリエンヌ
☆3.ディノーラ

◎単複
◎☆馬連ワイド

函館4R D

◎6.スワーヴガール(9人気)

父:マンハッタンカフェ
母父:キングマンボ

殿人気になるはずだけど面白い一頭。初出走と函館競馬場での成績が良いマンハッタンカフェ産駒は狙うべき血統です。母父もキングマンボと血統的には死角なし。

函館5R POG

◎6.サトノゴールド(1人気)

いかにもゴールドシップ産駒といった馬。ゴルシ好きとしてはPOG指名せずにはいられませんでした。調教はいまいちでしたが、ゴールドシップ自体もそうであったしあまり気にしていないです。

函館7R D

◎1.メイショウコミチ(10人気)

スタートはいい馬なので思い切って逃げてくれれば面白い。1枠とキンシャサノキセキ産駒も高評価。

◎単複

函館9R C

◎8.マイネルバッセ(5人気)

我らがダノンシャンティ産駒。今開催の函館で猛威を奮っているフジキセキ系の馬。マイネルバッセも函館では着外が無く、函館巧者と考えていいと思います。ここは相手関係からも勝ち負け。

◎8.マイネルバッセ
〇4.アングレーム
☆9.エピックガール

◎単複
◎=〇☆馬連ワイド

函館10R B

◎9.ピッツバーグ(9人気)

これまた我らがダノンシャンティ産駒。父系的に2600mは不安ですが、開催1回目にはダノンシャンティ産駒でこの条件を好走した大穴もいましたし、あまり深く考えないことにします。何より、この馬は長距離をつかってきており問題ないのだと思われる。函館が得意な吉田騎手もプラス材料です。

☆12.ケージーキンカメ(10人気)

◎単複
◎☆ワイド

函館12R D

◎9.プティットクルール(10人気)

函館のマンハッタンカフェ産駒はとりあえず買いましょう。500万下を突破したのは今回の条件の時です。函館競馬は函館巧者を狙うのが鉄則なのでこれでいきます。

単複

福島競馬

福島6R S

◎14.スズロザーナ(9人気62倍)

父:ドリームジャーニー
母父:チーフベアート

想定ペースS~M

 三着が続いており勝ちきれてない印象と、東京→福島という小回りコースへ替わることもあって人気しないことを期待したいです。とは言え、実はドリームジャーニー産駒の小回り替わりは海洋世なんですよね。他にも血統的にはサドラーを内包しており、父はステイゴールド系のドリジャであれば問題ないどころか、むしろ有力株として期待できます。
 前走はスタートがイマイチながらも上り最速で直線はよく伸びて3着。前日までの雨の影響でかなり時計のかかる馬場をMペースで走りましたが、掲示板に乗った馬で後ろから差してきたのはスズロザーナのみだったことを踏まえれば地力は相当高いでしょう。2走前はスタート直後にカットされる不利を受けながら上り2位で3着。Sペースの一戦だがなかなか強い競馬をしていました。今回もカットされる心配は多少あります、外枠に入れたことを考えれば問題ないはずです。
 三浦騎手が巧く捌けてないことが多いですが、スパイラルコース採用でばらけやすいことと、外枠ということを踏まえればスムーズにいく可能性が高いと考えます。

対抗はグロリアーナ。前走は牝馬限定戦でSペースではすが、メンバーレベルが高かったです。極端な体重増加があったため体のバランスを崩していたような面を見せており今回に期待します。

穴は初戦で経験馬相手に善戦した6.ビジュリエ。上りの脚は一番いいものを持っています。

◎14.スズロザーナ
〇10.グロリアーナ
☆6.ビジュリエ

◎単複
◎=〇☆馬連ワイド

福島7R B

◎16.ラスボス(10人気)
〇7.テミス(2人気)

福島芝1200mは見た目以上に力のいるコース形態で、前走がダートの馬は狙い目です。グランプリボス産駒ですし、芝短距離はベスト条件のはず。買うなら今回。

対抗のテミスは本命党ならド本命の馬。勝つ可能性は一番高いと思います。

◎単複

福島8R C

◎6.ココロノイコロ(6人気)

勝ち負け必死。2.5倍以上つくなら単勝だけで勝負。

◎単勝

福島9R B

◎13.エフェクトオン(8人気)
☆1.ウインレーヴドール(10人気)

久保田調教師は福島2600mで好成績。昇級初戦だが頭まである。

◎☆単複
◎=☆馬連ワイド

福島12R C

◎5.レアバード(5人気)

おそらく人気しない…!!!もし負けてたらここで取り返す。

◎単複

中京競馬

中京8R A

◎⑤ワイズワン

単複

中京11R A

◎3.アイファーイチオー(6人気)

父:シスターミニスター
母父:デヒア

インベタのコースを逃げれそうなアイファーイチオーは有力馬。中京1800mは過去に4戦し馬券外になったのは一回のみ。その一回もデビュー間もないころのもので、成績が安定するようになってからは500万下・1000万下・1600万下を勝ってきたこのコースは得意。

〇1.スマハマ
☆7.タイセイパルサー

◎単複
◎=〇☆馬連ワイド
◎=〇☆=〇☆➈⑥④⑬三連複9点